一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

インターネットの閲覧履歴を残さない!閲覧履歴を見られる心配無し

1662-4

自分しか使わないパソコンであれば、インターネットを利用した時のサイト閲覧履歴を残したくなかったり、会社や友達の家でパソコンを借りた時なんかも、どのサイトを見たかを知られたくないという場合がありますよね。

そこで今回は、パソコンの閲覧履歴を残さないでインターネットを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク


閲覧履歴を自動保存させない

InternetExplorerは、ウェブページの閲覧履歴を自動で保存しています。過去に見たサイトのURL(アドレス)一覧を見ることができるので、もう一度、サイトを見たいと思った時に便利な機能です。

でも、いつ、どのサイトにアクセスしたのかが分かってしまいます。会社や友達のパソコンを借りて作業した時に、プライバシーが筒抜けになってしまうという点があります。

特に借りたパソコンでウェブページを閲覧する場合や、家族で共有しているパソコンでは、特に注意した方がいいです。

もし閲覧履歴を残さずにインターネットを利用したいのであれば、「InPrivateブラウズ」という機能を利用するといいです。

インターネットの閲覧履歴を確認する

「履歴」タブからサイト閲覧履歴を確認

1662-1

インターネットの閲覧履歴は、星「★」マークの「お気に入り」ボタンをクリックしてメニューを開き、「履歴」タブを選ぶと、インターネットの閲覧履歴を見ることができます。

閲覧履歴を残さずにインターネットを閲覧する

1.コマンドバーを表示する

1644-2

IEにコマンドバーが表示されていない場合には、コマンドバーを表示させます。

インターネットエクスプローラーのウィンドウ上部の何も無い所で右クリックしてメニューを表示し、「コマンドバー」をクリックします。

1644-3

これで、コマンドバーが表示されました。

スポンサーリンク

2.「InPrivateブラウズ」を有効にする

1662-2

コマンドバーにある「セーフティ」ボタンをクリックしてメニューを開き、「InPrivateブラウズ」をクリックします。

3.InPrivateで閲覧する

1662-3

新しいウィンドウが開き、アドレス欄の左側に「InPrivate」という表示が現れます。このウィンドウで見たウェブページは履歴に残らなくなります。

編集後記

InPrivateブラウズを利用している間は、閲覧履歴だけではなく、サイト訪問時に入力するIDやパスワード、入力フォームで入力したデータなどもインターネット一時ファイルなどもすべて記録に残りません。

共有パソコンでは、積極的に使って個人情報がパソコンに残らないようにしましょう。ID・パスワードも残らないので、他の人が使う時も安心できます。

インターネットの閲覧履歴を残さない「InPrivateブラウズ」を利用する効果
  • どんなウェブページを見たのかを秘密にすることができる
  • 家族との共有パソコンでもプライバシーを守れる

インターネットを使っている時に、画面がカクカクと動いたり、動作が鈍いと感じたら、重くなっている症状を改善して軽く動くようにしてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す