一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

メールに添付したファイルが送れない!どうしたらいいのか?

1992-3

OutlookやGmail、Yahooメールなどを使ってファイルを添付して送信すると、「添付ファイルのサイズが最大値を超えています」と表示されたり、相手から「ファイルが添付されていない」とか「利用できなくなりました」と言われることがあります。

各メールソフトには送信できる容量が決まっているため、その容量をオーバーするファイルを送信したりすると送れなかったり、相手に届かなかったりします。

そこで今回は、メールに添付したファイルが送れない時の対策方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


ファイル転送サービスを利用して容量の大きなファイルを送付する

複数のファイルや容量の大きなファイルをメールに添付して送信するとメールボックスの容量制限があり、送信できないことがあります。また、受信できたとしてもファイルが無かったり、受信するのに時間が掛かったりしてしまいます。

そんな時は、今まではファイルを分割して数回メールを送信する必要がありました。

特に会社のメールアドレスはGmailのクラウドメールを使用しているため、容量の圧縮につながるとのことで分割して送信しています。

でも、数回に渡り送信するのに手間暇が掛かりますし、相手にも複数のメールが届き、ファイルを1つにまとめてもらうなどの手間が掛かってしまうことがあります。

そこで活用したいのが、ファイル転送サービスです。

このファイル転送サービスは、送付したいファイルをファイル転送サービスにアップロードして、ダウンロードするためのURLを相手にメールで送付し、そのURLからダウンロードしてもらう仕組みです。

ファイル転送サービスを活用する

1992-1

容量の大きいファイルや複数のファイルをメールで送る時、送信できなかったり、受信するのに時間が掛かったりして、送信の失敗につながります。

主なメールシステムの上限容量

  • Gmail・・・25MB
  • Yahoo!メール・・・25MB
  • Thunderbird・・・20MB

1つのメールの容量を、この上限容量内にしてして送る必要があります。

1992-2

サイズが大きいファイルや複数のファイルを送るのに便利なのがファイル転送サービスです。

ファイルをファイル転送サービスにアップして、ダウンロードURLをメールで送信することで、メールの容量が少なくなり、スムーズにメールを送信することができます。

スポンサーリンク

無料で使える主なファイル転送サービス

サービス名 URL 容量 1ファイルの
最大サイズ
保存期間
firestorege http://firestorage.jp/ 無制限 250MB 7日間
GigaFile便 http://gigafile.nu/ 無制限 25GB 7日間
Filepost http://file-post.net/ 3GB 3GB 5日間
おくりん坊 https://okurin.bitpark.co.jp/ 500MB 500MB 3日間
宅ふぁいる便 http://www.filesend.to/ 300MB 300MB 3日間

編集後記

このファイル転送サービスを利用することで、ファイルの容量が軽くなり、送受信することが速くなります。

ファイルを分割して送信することもないので楽ですよ。無料で利用できるファイル転送サービスを5つ紹介していますので、是非、一度試してみるといいです。

気を付けなければいけないのは、ファイルの保存期間が定められていることです。この期間を過ぎるとファイルのダウンロードは出来なくなりますので注意を促すためにも、送信するメールの内容に記載しておくといいです。

レンタルサーバーを借りている人は、そのサーバーを使って同じことができます。FFFTPサーバーを利用してすることができます。この方法についてはまた、他の記事で紹介させて頂きます。

「メールの文章が文字化けしてる!なんでぇ~」といった時に役立つ解決法は「 こちら 」をご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す