一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

エックスサーバーからWPXクラウドにドメイン移転!wp-config.phpファイルをダウンロードする

3648-1

1つのドメインへのアクセス数が増えてきてしまい、エックスサーバーからサーバー負荷による制限を受け、1ヶ月以上制限解除されない状況が続いたため、サーバー移転をしようと思います。

今まで使っていたエックスサーバーからWPXクラウドにドメインを移動するための手順をWPXクラウドで準備されているマニュアルに沿って進めていきます。

スポンサーリンク


wp-config.phpファイルのダウンロード

エックスサーバーからWPXクラウドにデータベースのバックアップデータを取得する必要があります。

その際に、phpMyAdminへのログインに必要な「ID」と「パスワード」を確認する必要があり、「wp-config.php」で確認することができます。

FTPソフトを使って作業します。

FTPソフトを使ってwp-config.phpファイルをダウンロードする

3648-1

FTPソフトを使って今回、サーバー移転するドメインの「wp-config.phpファイル」がある場所は、「ドメイン名/public_html/」です。

3648-2

「ドメイン名/public_html/」のファイルを開くと、「wp-config.php」ファイルがありますので、このファイルをクリックしたまま、デスクトップなどにダウンロードします。

スポンサーリンク

ダウンロードした「wp-config.php」ファイルをテキストエディタで開く

3648-3

FTPソフトを使ってダウンロードした「wp-config.php」ファイルを開きます。

3648-4

「wp-config.php」ファイルは、テキストエディタで開きますが、私の場合、「wp-config.php」ファイルをダブルクリックしたら、TeraPadで開きました。

「wp-config.php」ファイルの中に、

・データベース名
・データベースのユーザー名
・データベースのパスワード

の記載があります。

この情報が、次の「phpMyAdmin」ログイン時に「データベースのユーザー名」と「データベースのパスワード」が必要になります。

そして、ログイン後に「データベース名」も必要になります。

「phpMyAdmin」ログインする時に必要になるので、確認しておきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す