一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

スマホに保存している写真・画像・動画・音楽をSDカードに移動する方法

4718-12

今まで使っていたAQUOS PHONEからXperia X Performanceに機種変更しました。写真や画像のダウンロード、動画や音楽をスマートフォン本体に保存していましたが、容量が重くなり、スマホの動作が遅くなってきてしまったのでSDカードを購入しました。

そこで今回は、スマホ本体に保存している写真・画像・動画・音楽をすべて一気にSDカードに保存する方法をお伝えします。

スポンサーリンク


内部ストレージとmicroSDカードの使い分け方

microsdcard4701-2

内部ストレージとはスマホ本体に保存することで、SDカードはスマホ本体ではないSDカードという保存先にデータを保存します。microSDカードを利用するメリットは、本体メモリの使用量が多くなると、スマホの動きが鈍くなったり、重いと感じることがあります。その原因は、内部ストレージの空き容量が少ないからです。スマホでネットやアプリなどを使うのにも容量を使うため、空き容量が少ないとそれだけ重くなってしまいます。

そこで、スマホの動きを改善するためにも内部ストレージの写真・画像・動画などをmicroSDカードに移すことで容量を増やして、スマホの動きを改善することができます。

今回、私はAndroidのXperia X Performanceを購入しました。このXperia X Performanceの内部ストレージ、スマホ本体に保存できる容量や20GBです。この内部ストレージは取り外したり、容量を増やしたりすることができません。そのため、内部ストレージの容量が少なくなってきたり、データ保存などの観点からもmicroSDカードを利用することがメリットが大きいです。

microSDカードを使うメリット

microSDカードは、外付けの記憶媒体です。基本的には別売りで家電量販店やホームセンターなどで買うことができます。容量は様々あり、少なめの8GBや大容量の128GBなど、スマホに保存する写真・画像・動画・音楽などの量が多いときには、容量が大きいmicroSDカードを使うことでスマホに本体の動きをスムーズなまま、たくさんのデータや情報を保有することができます。

・内部ストレージを軽くすることで動きがなめらか

・内部ストレージの容量には限りがあるため、microSDカードで容量を確保できる

・スマホだけではなくパソコンなどの外部にデータを簡単に移すことができる

と言ったメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

・microSDカードが破損すると中のデータの復活は難しい

でも、パソコンなどにも同じデータを定期的に保存しておくことで万が一、microSDカードが壊れてしまっても復旧することができるようにしておく必要はあります。

スポンサーリンク

スマホ本体からSDカードに写真などを移す方法

4718-1

スマホのホーム画面にある「設定」ボタンをタップします。

4718-2

設定画面にある「ストレージとメモリ」ボタンをタップします。

4718-3

ストレージとメモリ画面にある「データの転送」ボタンをタップします。

4718-4

SDカードへデータ転送画面が表示されますので、画像・動画・音楽にチェックを入れて「転送」ボタンをタップします。このとき、SDカードに転送したくないものはチェックを外しておくといいです。

4718-5

「メモリーに機器上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可しますか?」と聞かれますので「許可」をタップします。

4718-6

すると、「転送中、お待ち下さい」と表示されます。この表示が消えたら、選択した画像・動画・音楽がスマートフォンの本体の内部ストレージからSDカードにすべてが移動完了です。

常に保存先をSDカードにする設定方法

4718-7

カメラを起動して、歯車マークの「設定」ボタンをタップします。

4718-9

設定画面が表示されますので、下にスクロールしていくと「保存先」があります。保存先が「内部ストレージ」となっている状態だと、撮影した画像・写真はSDカードではなく、内部ストレージつまりスマホ本体に保存される設定になっています。この保存先を「SDカード」に設定変更します。

「保存先」をタップします。

4718-10

保存先に選べる「内部ストレージ」と「SDカード」が表示されますので「SDカード」をタップします。

4718-11

選ぶと設定画面に戻り、保存先が「SDカード」に変更されていることを確認します。これで、撮影した写真や動画の保存先がSDカードに変更されました。

スクリーンショットの保存先をSDカードに変更するには・・・

スマホ画面をスクリーンショットで撮影することもあります。写真撮影と同じように、スクリーンショットで撮影した画像もスマホ本体ではなく、SDカードに保存したいと思い設定方法を探しましたがありませんでした。

ドコモショップに行って、スクリーンショットの保存先をSDカードに変更する方法を教えてくださいと言ったら、「ありません」とのことでした。スクリーンショットの保存先を変更することは不可能なんですね。

内部ストレージに保存されているスクリーンショットをSDカード保存するには、パソコンに繋いで自分で移動させるしかないようです。

microsdcard4701-2

PC\Xperia X Performance\内部ストレージ\Pictures\Screenshotsのフォルダ内にある「スクリーンショット画像」を切り取り、SDカード内に作成したスクリーンショット画像の保存先フォルダに貼り付けることで移動することができます。

編集後記

スマホ本体に画像・動画・音楽などを保存しておくことが多いですが、スマホ本体の容量は多くないため、アプリなどもたくさんインストールして使っていると、予想以上にメモリの使用量が多くなってしまいます。画面がカクカク動くとか、スライドが鈍いとか使っているとストレスが溜まることになります。

画像・動画・音楽などをSDカードに保存したり、これからのものを全てSDカードに保存することでメモリ容量を開けることができ、ストレス無くスマホを操作することができるようになります。

スポンサーリンク

コメントを残す