一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

年次訪問者調査Chromeユーザー調査は詐欺サイトでは?|対策・消し方・削除方法

5081-1

インターネットを閲覧していたら、突然、上記のような画面が表示されました。内容は、

Chromeユーザー皆様
本日のラッキな訪問者はあなたです。
この簡単な調査を完了していただくと、弊社から感謝の印として、HD Streaming Moviesのいずれかが当たるチャンスが与えられます!

というものです。なんとも怪しいサイトです。

そこで今回は、年次訪問者調査Chromeユーザー調査とは何かを調べてみました。

スポンサーリンク


年次訪問者調査ユーザー調査は詐欺サイト

5081-2

このサイトは、年次訪問者調査Chromeユーザー調査と称して、アンケート調査を行ない、HD Streaming Moviesなるものが当たるチャンスがありますというものです。Googleになりすましているので、信頼していしまいそうですが、よく見れば怪しいサイトです。

まずは、表示された訪問者への案内文

「HD Streaming Moviesのいずれかが当たるチャンスが与えられます!」これって、日本語としておかしいですよね。「いずれかが当たる」とは複数を指していますが、該当商品は1つのみ。

さらに、このサイトのURL

「http://ba3zz.exclusiverewards.7113686.com/」となっていて、Googleとは何の関係もないアドレスになっているのも怪しいです。

年次訪問者調査の参加者に特別に選ばれました」と言われると嬉しい気もしますが、Googleになりすましてアンケート調査を行ない、個人情報を抜き取るサイトです。

今回は、その手口に乗ってクレジットカード情報の登録画面まで進んでみました。

スポンサーリンク

質問1:どのぐらいの頻度でChromeを使っていますか?

5081-3

質問2:Chromeの前にバージョンにはどの程度満足していましたか?

5081-4

質問3:他のウェブブラウザで使用するものはどれですか

5081-5

質問4:どのぐらいの頻度でインターネットを利用しますか?

5081-6

ユーザー調査すべてに回答すると特典の紹介

5081-7

4問の質問に答えると最後に、「参加のお礼に以下の商品をご用意いたしております。以下のいずれかをお選びください(本日限り」と表示され、HD Streaming Moviesが通常価格9000円が本日限り0円と表記され、「ここをクリック」を押すように誘導しています。

今回は、「ここをクリック」を押して先に進んでいきますが、どんな画面が表示されるかだけを確認してみてください。

メールアドレスとパスワードの入力を求められる

5081-8

英語のサイトが表示されました。無料登録することができますと書かれていて、メールアドレスとパスワードの入力を求められます。こんなサイトの無料登録をしたことはありませんので、適当なメルアドとパスワードを入力してみました。

クレジットカード情報の入力画面が表示

5081-9

クレジットカード情報を入力する画面が表示され、入力を求めてきました。

このサイトは怪しいサイトで、詐欺サイトなので入力しないで閉じてしまいましょう。

Chrome以外のブラウザでも表示

今回、Google Chromeを使っていたら表示されましたが、Internet Explorer(IE)やFirefoxでも同じサイトが現れるようですし、SafariやYouTubeでも表示されているようです。

表示内容はすべて同じで、

2016年年次訪問者調査Chromeユーザー調査
2016年年次訪問者調査Internet Explorerユーザー調査
2016年年次訪問者調査Firefoxユーザー調査

と表示されているようです。

消し方と削除方法・対策

年次訪問者調査Chromeユーザー調査のサイトが表示されたら、「×」印でブラウザを閉じることで消すことができます。ただ、1回消したら表示されないという訳ではありません。私の場合、ブラウザを消してもインターネット検索していたら、また表示されることがありました。このサイトは、新しいブラウザが立ち上がって表示されますので、消し方・削除方法としては、ブラウザごと消してしまうことです。

対策としては、表示させない、または削除したいときは、ブラウザの拡張機能を使って閲覧制限したいサイトURLを登録しておくことで表示されないように設定することができます。

今回、クレジットカード情報画面まで行きましたが、私は特に変なソフトウェアがインストールされるようなことはありませんでしたが、変なソフト・アプリがインストールされたという人もいますので、質問にも答えずに閉じてしまうことのが安全です。

編集後記

フィッシング詐欺サイトやワンクリック詐欺など、多くの詐欺サイトがありますので、怪しいと思ったサイトやすぐに個人情報の入力を求めてくるようなサイトには用心する必要があります。

怪しいと思ったら、サイトタイトルで検索してみて、何か情報が無いか確認してみたり、すぐに閉じて先に進まないようにすることが大切です。また、パソコンやスマホに「ウィルス対策ソフト」を入れていないのであれば、導入することも検討するといいです。

スポンサーリンク

コメントを残す