一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

パソコン初心者におすすめ無料ウィルス対策ソフト|Win8.1

77-0

パソコン初心者にとって、ウィルスやスパイウェアからパソコンを守るためにまずは設定をしておきたいのが、Windows Defender(ウィンドウズ ディフェンダー)です。

セキュリティソフトは無料・有料ともにたくさんの種類がありますが、どれがいいのか初めは分かりませんよね。

Windows8.1に標準搭載されているWindows Defenderの設定をしてみます。

スポンサーリンク


パソコンをウィルスやスパイウェアから守りましょう

インターネット接続が当たり前に行われるようになり、気になるのがコンピュータウィルスやスパイウェアといった悪意のあるプログラムによる不具合や情報漏えいです。

悪さをするプログラムは、インターネットやメールを通して気が付かないうちにパソコンに侵入するので、知らないうちにウィルスに感染していることがあります。

さらに質が悪いのが、感染しても見えないところで動いているので個人情報が、いつの間にか流出してしまう危険性があります。

ウィルスやスパイウェアといった悪意のあるプログラムを検知して駆除してくれるソフトがたくさんあります。

今回は、Windows8.1に標準搭載されている「Windows Defender」を使って手軽に簡単にパソコンのセキュリティを行ないたいと思います。

クリック1つで悪意のあるプログラムからの脅威を回避することができます。

ウィルス定義ファイルを最新版にする

1.Windows Defenderを起動する

77-1

パソコン画面の左下にあるスタートメニューをクリックします。

77-2

スタートメニューが表示されますので、左下にある「下矢印」をクリックします。

77-3

アプリ一覧が表示されますので、その中から「Windows Defender」を探し、クリックして開きます。

2.ウィルス定義を更新する

77-4

「Windows Defender」を起動したら「更新」タブを開き、さらに「更新」ボタンをクリックします。

77-5

ウィルスやスパイウェアの定義ファイルがダウンロードされ、自動的に適用されます。この定義ファイルは通常、自動的に更新されますが、このように手動で最新の状態に更新することもできます。

スポンサーリンク

3.クイックスキャンで手軽に脅威からパソコンを守ろう

77-6

「ホーム」タブを開き、右側から「クイック」を選んで、「今すぐスキャン」をクリックします。

そうすると、パソコン内に潜むウイルスやスパイウェアの検出と駆除が行えます。

画面の左下には、最後に実行したスキャンの日付が記載されています。

77-7

スキャンと駆除を自動的に行なってくれる優れものです。このスキャンの時間はファイル数などにより時間が異なります。

数分で終わる人もいれば、数十分掛かる人もいます。

77-8

クイックスキャンが完了すると、画像のように「◯◯個の項目のスキャンが完了しました。」と表示されます。

フルで完全スキャンをして安心度向上

クイックスキャンの方法を紹介しましたが、パソコンのシステムを完全にスキャンしたい時は「フル」を選択して「今すぐスキャン」ボタンをクリックします。

フルスキャンの場合、終了するまでに数時間掛かりますが、安心度は大幅に向上します。

ウィルススキャンを行なっている間、作業をすると動作が遅くなることがあります。フルスキャンを行う時は、パソコンを使わない時に実行した方がいいと思います。

任意のフォルダーのみをスキャンする方法

77-11

メイン画面の「ホーム」タブを開き、スキャンのオプションで「カスタム」を選択して「今すぐスキャン」をクリックします。

77-12

フォルダーの選択画面が表示されますので、スキャンしたいフォルダー名にチェックを入れて「OK」をクリックします。

 

77-13

カスタムスキャンが始まります。

選択したフォルダーのファイル数や容量により、スキャンに掛かる時間が変わってきますので、時間には余裕を持って実行するようにしましょう。

4.設定を強化してより強力にパソコンを守るする方法

77-14

「設定」タブの「リアルタイム保護を有効にする」のチェックを入れることで、ウイルスなどのプログラムを検知すると警告が表示されるようになります。

77-16

「詳細設定」メニューに「リムーバブルドライブのスキャン」にチェックを入れることで、フルスキャン時にUSBメモリやSDカードなどの外部メディアのスキャンが行えるようになります。

5.復元ポイントを作成しておくとトラブル時に安心

「詳細設定」メニューで「リムーバブルドライブのスキャン」にチェックをいれたら、その下にある「システムの復元ポイントの作成」にもチェックを入れておくといいです。

ウィルスやスパイウェアを削除する時に、復元ポイントを自動で作成してくれます。

どんな時に役立つのかというと、、削除したあとに動作が不安定になったり、トラブルが生じた時に、ウィルスやスパイウェアを削除する前の状態に戻すことができます。

パソコンをウィルスから簡単に保護してみた結果

ウィルス対策ソフト、セキュリティ対策ソフトは無料と有料とあります。無料ソフトをインストールして大丈夫なのかどうか不安なので「Windows Defender」を設定して、不正プログラムからパソコンを守ることにしました。

Windows Defenderの効果の程は・・・

  • パソコンに潜むウィルスやスパイウェアを検出し駆除することができる
  • 見えない所で動いている不正プログラムを駆除することでパソコンの動きを高速化できる

次は、有料と無料のセキュリティソフトを比較してみて、何が違うのか検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す