一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

ThinkPadx240のHDDをSSDに交換してみた!換装方法を写真付きで解説

ThinkPad x240が故障して修理に出したら14万円も掛かってしまい、大きな出費となってしまった!

システムボードが新品になったけど、4年も使っているHDDは、重いし、ハードディスクスキャンをするとエラーになる箇所があり、また、いつ壊れるか分からないのでSSDに交換してみようと思います。

と言っても、今までHDDをSSDに交換(SSD換装)したことは無いので、パソコンに詳しい友達に教えてもらって、慎重に作業しました。

そこで今回は、ノートパソコンThinkPad(シンクパッド) x240のHDDをSSDに交換(SSD換装)方法を写真付きで解説したいと思います。

スポンサーリンク



内蔵型SSDを購入する

内蔵型SSDを購入

内蔵型SSDを色々と調べていたら、私が聞いたことがないメーカーから有名なメーカーまでありましたが、信頼性の高い「 SanDiskのSSD 」を選ぶことにしました。

SanDisk(サンディスク)のSSDには3種類あります。

性能と信頼性を重視したハイエンド向け「Extreme PRO SSD

コスパがいいメインストリーム向け「Ultra 3D SSD

コストを重視した「SSD PLUS

Extremeは価格が高いので、Ultra 3DかPLUSのどちらかかなぁと思いますが、この2つの価格差は千円程度だったから「Ultra 3D SSD」を購入しました。

リカバリーディスクを作る

リカバリーディスクを作る前に、「 8GB以上のUSB3.0フラッシュメモリ 」を用意しておき、USBメモリの中に、ファイルなどの保存が無い状態にしておきます。

  1. 左下の「田」を右クリックしてメニューを表示する
  2. メニューの「検索」をクリックする
  3. 検索窓が表示されたら「回復」と入力する
  4. 「回復ドライブの作成」をクリックする
  5. 「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします」にチェックを入れて「次へ」をクリックする
  6. USBメモリを端子に接続する
  7. 回復ドライブ画面の「作成」をクリックする
  8. 作成中画面になるので終わるのを待つ
  9. 終わったら、リカバリーディスクの作成は完了です

ThinkPadx240は内蔵バッテリーを無効化する

パソコンに繋がっているACアダプタを外して、コンピューターを再起動します。

再起動画面になったら、「F1」ボタンを連打します。

ThinkPad Setup画面が表示されるので、右矢印を押して「Config」タグに移動します。

「Config」画面が表示されたら、下矢印を押して「Power」に合わせたら「Enter」を押します。

Power画面が表示されたら、下矢印を押して「Disable Built-in Battery」に合わせて「Enter」を押します。

Setup Confirmation画面が表示されるので左右の矢印キーで「Yes」に合わせて「Enter」を押します。

Enterを押すと、すぐに電源が切れます。

これで、HDD(ハードディスク)を交換する準備が整いました。

HDDを外してSSDに交換する

ThinkPadx240の裏のカバーは8個のネジを取って外す

パソコンを裏返して、バッテリーを外して8ヶ所のネジを緩めて、カバーを外します。

カバーを外すと、左下にシルバーの物体がありますが、これがHDDです。

HDDは一箇所、ネジで止まっているので外します。

HDDを取り出したら、コネクターで繋がっています。

HDDからコネクターを外します。

外すとき硬かったので、左右の爪の部分にマイナスドライバーを差し込んで少しずつコネクターを上に移動させて取りました。

HDDの周囲にあるプラスチックカバーを外します。

引っ張れば簡単に外れます。

外したプラスチックカバーをSSDに取り付けますが、側面に穴が空いているので、カバーの突起部分を押し込みます。

SSDにコネクター(端子)を取り付けます。

コネクターのくぼみとSSDの突起部分の形が合うように向きを合わせて差し込みます。

HDDが収まっていた部分にSSDを収めて、一箇所ネジ止めします。

カバーを取り付けて、8箇所のネジを締めて、バッテリーを差し込みます。

SSDにリカバリーディスクで復元する

作成したリカバリーディスクのUSBメモリを接続します。

ACアダプタを接続して、電源ボタンを押します。

Boot Menuが表示されたら、下矢印キーで「USB HDD:」を選び、「Enter」を押します。

Choose the language画面が表示されたら下矢印キーを押して「日本語」を選び「Enter」を押します。

キーボードレイアウトの選択画面が表示されたら下矢印キーを押して「Microsoft IME」を選び「Enter」を押します。

オプション画面が表示されたら下矢印キーを押して「トラブルシューティング」を選び「Enter」を押します。

トラブルシューティング画面が表示されたら下矢印キーを押して「PCリフレッシュ」または「PCを初期状態に戻す」を選び「Enter」を押します。

今回は「PCを初期状態に戻す」を選びました。

PCを初期状態に戻す画面になったら「次へ」を選び「Enter」を押します。

パーティション分割をやり直すか、そのまま使うかを選びますが、今回は「はい、ドライブパーティション分割をやり直します」を選び「Enter」を押します。

今回は初期状態にしたいので。

「ドライブを完全にクリーンアップする」を選び「Enter」を押します。

「初期状態に戻す」を選び「Enter」を押します。

SSDにリカバリーが始まります。

パーセンテージが100になるのを待てばOKです。

思った以上に簡単にSSD換装することができました。

編集後記

HDDからSSDに交換すると、保証対象外になります。

もうすでに保証が切れているし、システムボードを新品にしたので、それならSSDにして速度アップしようと思ったのでしました。

SSD換装と聞くと、難しそうに思うけど、実際にやってみれば簡単でした。

万が一、SSDに交換して立ち上がらない、起動しないときは、元のHDDに交換すればノートパソコンを使うことはできます。

スポンサーリンク

関連コンテンツ