一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

PC用メガネ不要!パソコンのディスプレイ設定でブルーライト軽減

1832-0

メガネ屋に行ったら、PC用メガネが売られており、人気商品の札が貼られていました。このPC用メガネとは、ブルーライトを軽減するためのメガネのこと。

パソコンのディスプレイから出ているブルーライトが目の疲れに関係しているとのことで、網膜・角膜・精神・睡眠・癌への影響につながると末恐ろしいことに関わっているのがブルーライトだと・・・

そこで今回は、ブルーライトのことを調べてみて、ディスプレイの設定を変更することでブルーライトを減らしたいと思います。

スポンサーリンク


ディスプレイを見た時の目の疲れをPCメガネ無しで軽減

ブルーライトとは、その名の通り青色の光のことです。

そしてなぜ、ブルーライトが危険なのかというと網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近く、強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトだからだそうです。

1832-1

私たちが使っている家電製品の中でブルーライトの放出量が多いのは、スマホとゲーム機が断トツです。続いてパソコンとなっています。パソコンのディスプレイのブルーライトを軽減する前に、スマートフォンのディスプレイのブルーライトをカットする必要がありますね。

私は1日中、パソコン作業をするので、目を労り、ディスプレイのブルーライトを減らす設定にしたいと思います。

色調整メニューからブルーライトを低減する

1.ディスプレイの設定を開く

1832-2

「スタート」ボタンの上で右クリックしてメニューを表示し、「コントロールパネル」 ⇒ 「デスクトップのカスタマイズ」 ⇒ 「ディスプレイ」をクリックします。

コントロールパネルの詳しい開き方やショートカットの作成方法は、別途紹介させて頂いてますので「 こちら 」をご確認下さい。

2.色調整のメニューを開く

1832-3

画面の左側にある「色の調整」をクリックします。

3.画面の色調整の開始

1832-4

画面の色調整の画面が開くので「次へ」をクリックします。このような画面がこの先10個程続きますので内容を確認したら「次へ」をクリックして進みます。

スポンサーリンク

4.カラーバランスを調整する

1832-14

「カラーバランスの調整」画面が表示されたら、スライダーを動かしてブルーライトを軽減します。右側のスライダーが青色ですが、青色だけを減らすと色のコントラストが崩れるため、全体的に調整した方がいいです。

調整が終わったら、「次へ」をクリックします。

1832-15

「新しい色調整が作成されました」という画面が表示されたら、「テキストが正しく表示されるよう~」にチェックを入れて「完了」をクリックします。

5.ClearTypeテキストチューナーで文字調整する

1832-16

「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

1832-17

「はい、今すぐすべてのモニターを調整します」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

1832-18

「~確認しています」と表示されたら、「次へ」をクリックします。

1832-19

「最も読みやすいテキストサンプルをクリックしてください」が表示されたら、画面中央部に表示されたテキストを見て、読みやすい方を選び、「次へ」をクリックします。

これが、5回繰り返されます。

編集後記

ブルーライトを減らす効果的な方法としては、パソコン用メガネがありますが、費用が掛かりますし、普段メガネをしていない人は面倒くさいですよね。他にも保護フィルムやフィルター、保護シートなどもあります。

そこで、ディスプレイの設定を調整してブルーライトを低減してみましょう。カラーバランスの設定で少し暗めの設定にしておくことでブルーライトをカットすることができます。

使っているディスプレイの機種によっては、直接、色温度の調整ができるタイプもあります。その場合には、6000k以下に設定にすることでブルーライトのカット効果が高くなりますので試して見て下さい。

YouTubeの便利な活用法に興味があれば、使える5つの機能も合わせて見て下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す