一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

ファイル検索が一瞬で!PCの検索機能に不満なら無料ソフトで解決

1910-0

エクスプローラーからファイルを検索すると、結構時間が掛かりませんか?

ファイル数が多くなったことが原因のようですが、1つのファイルを検索するのに5分以上掛かることもあり、検索している間は、他の作業も遅くなり、影響が出てきてしまいました。

そこで今回は、もっと速くファイル検索して効率的に作業が進められるようにしたいと思います。

スポンサーリンク


無料のファイル検索ソフトで超高速でファイルを探す

パソコンに保存したファイルがどこにあるのか分からなくなることがあります。ファイル数が増えてきたり、フォルダーの階層が深くなると、「どこに保存したかなぁ?」となってしまいます。

そんな時に活躍するのが検索機能ですよね。エクスプローラーを開くと右上部に検索ボックスが表示されるので、対象ファイルのキーワードを入力して検索しますが、検索が遅く、検索結果が表示されるまで時間が掛かります。

そこで、ファイル検索ソフト「エブリシング(Everything)」という無料のフリーソフトを使うことにしました。

このファイル検索ソフトは、検索キーワードを入力すると、すぐにファイル結果が表示されますし、検索条件を登録しておくこともでき、機能が豊富です。

とても便利なファイル検索ソフトですが、NTFS形式のドライブにあるファイルのみが検索対象となります。

※NTFS形式は、Windowsの標準的なファイルシステムです。FAT形式もありますがWindowsのOSではMeまでがFAT形式が使われていました。

高速で検索できるソフト「Everything」の使い方

1.ソフトをダウンロードする

 

1910-2

Everything 」のサイトにアクセスします。

アクセスしたら、「Downloads」のタブを選び、ソフトをダウンロードしますが2種類あります。

  • Installer版・・・インストーラー付きのソフト
  • Portable版・・・インストール不要なソフト

私は、Portable版を今回は使います。インストールすることなく、利用することができるのでオススメです。インストール版を使う場合のインストール手順は、「こちら」が参考になります。

ダウンロードするファイルも2種類あり、Everythingのバージョンの後に「x86」と「x64」の記載の違いがあります。OSが32ビットの場合は「x86」、64ビットの場合は「x64」を選びます。

2.Everythingを起動する

1910-2

ダウンロードした「Everything」のファイルは、圧縮ファイルでダウンロードされていますので、ファイルを右クリックしてメニューを開き、「解凍」または「すべて展開」を選びます。

解凍・展開したフォルダーを開き、「Everything.exe」をダブルクリックするとソフトが起動します。

1910-3

オプションを選択する画面が表示されますので、「管理者として実行します」を選び、「OK」をクリックします。

この選択画面が、管理者権限の同意が無くても、実行することができるように設定が可能です。支障がなければ、「管理者として実行します」にチェックで進めます。

スポンサーリンク

3.検索をしてみる

1910-4

Everythingの管理画面が表示されたら、上部にある検索ボックスに、検索キーワードを入力します。検索文字を一文字入力する度に、瞬時に検索結果が表示されます。

4.ブックマーク登録機能を使ってみる

1910-5

ツールバーの「ブックマーク」タブを選び、よく使う検索キーワードを、名称と検索に入力をして「OK」をクリックします。

1910-6

ブックマークに登録すると、画像のように検索キーワードが登録されます。ここに登録されたキーワードをクリックすると検索が開始します。

編集後記

条件検索や検索キーワードをブックマーク登録する機能は、役立ちます。非常に便利なファイル検索ソフトですが、NTFS形式のドライブのみが検索対象ですので注意しましょう。

検索速度は、Windowsのエクスプローラーで検索するよりもはるかに速いので、ストレス無く使うことができます。

一文字入力するごとに一瞬で検索結果が表示されますので、そのスピードに驚かされます。今まで検索結果が表示されるまで、待たされていた時間は何だったんだろうと思いますね。

スポンサーリンク

コメントを残す