一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
ジャンプ・マガジン・サンデー無料立ち読み
 
アニメを無料で見る!

検索バーでファイルもWEB検索もできる便利なWindows10

4190-1

スタート画面に検索メニューがありましたが、Windows10では「検索バー」でパソコン内のファイルやフォルダを探せるのはもちろん、WEB検索機能も一緒になり、便利になっています。

そこで今回は、Windows10の検索機能の便利な使い方について紹介します。

スポンサーリンク


検索バーから設定画面やWEB検索ができる

Windows10の検索バーは、ファイルやフォルダだけでなくWEB検索機能もありますし、設定画面も検索することができます。

例えば、コントロールパネルを検索することも可能ですので、探す手間を省くことができ、探したい画面をすぐに見つけることができます。

検索バーをクリックする

4219-1

デスクトップ画面の左下のスタートメニューの横にあるのが「検索バー」なので、クリックして検索画面を表示させます。

検索したい文字を入力する

4219-2

検索画面が表示されたら、検索したい文字を入力します。

スポンサーリンク

検索結果を確認する

4219-5

検索結果が表示されたら、上部は設定やアプリの検索結果表示され、下部にWEB検索結果が表示されます。

設定を開く

4219-6

検索結果から設定したい項目を選ぶと、

4219-3

設定画面やコントロールパネルなどが表示されますので、すぐに設定を行なうことができるようになっています。

WEBページを開く

4219-7

WEB検索をしたときの候補キーワードが表示され、WEBで検索したい検索キーワード候補をクリックします。

4219-4

Edgeが起動して、BingのWEB検索結果が表示されます。GoogleやYahoo!などBing以外の検索エンジンを選択することはできません。

編集後記

Windows10の検索バーは結構使いやすく、設定方法や開かないとか変更できないなどのときにWEB検索することが簡単なので、自分で調べることもすぐにできますね。

検索バーに入力したキーワードに関連するキーワードが表示されるので、分かりやすいです。パソコン初心者には嬉しいサービスです。

スポンサーリンク

コメントを残す