AndroidスマホのマイクロSDカードの交換方法・データの移し方・移動方法

Android(アンドロイド)スマホに差し込んでいるmicroSDカード(マイクロSDカード)を交換するときがきました。マイクロSDカードの容量が足りなくなってきたり、転送速度が早いマイクロSDカードに変えたり。または、スマホを買い替えたときのデータの移し方や移動方法・やり方についてまとめました。

そこで今回は、マイクロSDカードに入っているデータの移し方や移動方法・やり方・バックアップの方法をお伝えします。

スポンサーリンク



新しいマイクロSDカードを購入する

新しいマイクロSDカードを購入するのに家電量販店に行ってきて、店員さんにマイクロSDカードの選び方を教えてもらいました。

【マイクロSDカードの選び方】

・容量(8GB・16GB・32GB・64GB・128GB)
・データの転送速度(CLASS2・CLASS4・CLASS6・CLASS10)
・UHSインターフェイスのデータ転送速度(UHS Speed Class1・UHS Speed Class3)

容量は、マイクロSDカードの中に保存することが出来るデータ量を表しています。数字が大きければ大きいほど、ファイル・音楽・動画・写真などのデータをたくさん保存することができます。

データの転送速度は、読み書きするときのデータの転送速度を表していて「CLASS2」は最低2MB/秒、「CLASS10」は最低10MB/秒とCLASSの数字が大きいほど転送速度が速いのでストレスなく保存できます。

UHSインターフェイスのデータ転送速度は、SDHCカードまたはSDXCカードを利用したときの読み書きするときのデータ転送速度で「UHS Speed Class1」で最低10MB/秒、「UHS Speed Class3」で最低30MB/秒で「UHS Speed Class3」はフルHDや4K動画撮影対応です。

では、スマホに使うマイクロSDカードは、どの容量・Class・UHS Speed Classを選べばいいのでしょうか?

・容量は、マイクロSDカードに保存する量によるので少ない人は16GB、写真・音楽・動画を保存する人は64GBまたは128GB

・データの転送速度はCLASS10

・UHSインターフェイスのデータ転送速度はUHS Speed Class1

で十分だということでしたので、私は、


SanDisk マイクロSDカード 64GBmicroSDXC クラス10 UHS-I100MB

・64GB
・CLASS10
・UHS Speed Class1

を購入しました。

スポンサードリンク



古いマイクロSDカードのデータをバックアップする

今のスマホに入っているmicroSDカードの中に入っているデータを一旦、どこかに保存する必要があります。SDカードの中に入っているデータをパソコンやクラウドに保存・アップロードして、そのデータを新しいmicroSDカードに入れることでデータ移行ができます。そのためのバックアップでもあります。

バックアップの方法としては、

・スマホとパソコンをUSBケーブルで繋ぐ
・スマホの電源を切ってからマイクロSDカードを取り、パソコンに差し込む
・クラウド(DropBoxやGoogleドライブなど)にアップロードする

という方法があります。

今回は、マイクロSDカードを新旧入れ替えもするため、2つ目の「スマホの電源を切ってからマイクロSDカードを取り、パソコンに差し込む」方法でバックアップを行いたいと思います。

スマホの電源を切る

microsdcard4701-3

電源ボタンを長押しします。

microsdcard4701-4

スマホの画面に「電源を切る」と表示されますのでタップして、画面が真っ暗になったら電源がオフになった状態です。

SIMカード・microSDカードのトレイを抜く

microsdcard4701-5

2cmくらいのトレイが入っている箇所があります。その中にSIMカードが入っていて、microSDカードを1枚セットすることができるようになっています。

microsdcard4701-6

中央部分に少し引っ掛けることができる隙間がありますので、爪などを入れて手前に引っ張り出します。

microsdcard4701-7

スマホの画面を上にした状態でトレイを抜くと入れるほうは後ろ側になっていました。microSDカードをセットして本体にトレイを戻すときに向きを間違えないようにしないといけませんね。

SDHC/SDXCにmicroSDカードをセットする

購入したマイクロSDカードには、それを収めるためのSDHCやSDXCカードに入れます。

SDHC/SDXCカードをパソコンにさす

パソコンにSDHC/SDXCカードを差し込むところがあります。

そこに、マイクロSDカードを差し込んだSDHC/SDXCカード入れます。

パソコンにマイクロSDカードのデータを保存する

SDHC/SDXCカードを差し込むと、マイクロSDカードのフォルダが表示されます。スマホに入っていたマイクロSDカードの中に保存しておいたデータです。これを、パソコンの他のフォルダに保存します。

任意の場所に「新しいフォルダー」を作成して、分かりやすい「名前」を付けます。

SDHC/SDXCカードの中身のデーターをすべてコピーして、新しく作成したフォルダーに貼り付けます。

SDHC/SDXCカードをパソコンから抜く

指で奥に押すとSDHC/SDXCカードが出てきますので、取り出します。

新しいmicroSDカードをSDHC/SDXCにセットする

今度は、新しいmicroSDカードをSDHC/SDXCにセットします。

SDHC/SDXCカードをパソコンにさす

 

パソコンにSDHC/SDXCカードを差し込みます。

パソコンに保存した以前のマイクロSDカードのデータを新しいのに移す

パソコンにSDHC/SDXCカードを差し込むと、新しいマイクロSDカードのフォルダーが表示されますが、中は空っぽです。

先程、パソコンのフォルダーに保存したデータが入っているフォルダを開きます。

新しいマイクロSDカードのフォルダーにファイルやデータがすべてコピーします。

フォルダーにファイル名がすべて反映されたらデータの移動は完了です。

SDHC/SDXCカードをパソコンから抜く

指で奥に押すとSDHC/SDXCカードが出てきますので、取り出します。

SDHC/SDXCからmicroSDカードを抜く

購入した新しいマイクロSDカードをSDHCやSDXCカードから抜きます。

スマホに新しいマイクロSDカードを差し込む

スマホから抜いたトレイに新しいマイクロSDカードをセットして、スマホに差し込みます。

電源を入れてマイクロSDカードを認識すれば、新しいマイクロSDカードが使用できます。

データも古いものから新しいものに移行作業されているので、以前と同じようにスマホから音楽・動画・写真などのデータを見たり、聴いたりできます。

編集後記

容量が大きなmicroSDカードに変更したり、データ転送速度が速くなるとストレス無くスマホを使うことができます。

特にマイクロSDカードの容量を大きくしたときには定期的にバックアップを取っておくといいです。スマホを落としたりすると、SDカードが破損・壊れることもあり、データ復旧できないこともあります。容量が大きくなると、大事な写真や動画データが見れなくなる可能性がありますので。

私は何回かスマホを落としてSDカードを読み取れなくなり、データ復旧できなくなった経験があるので、バックアップを定期的にしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

関連コンテンツ