スマホのバッテリーの減りが速い!劣化状態を確認する方法(Xperia)

スマホを長年使っていると充電を100%にしていてもすぐに減ってしまい、消耗が速いと感じるときがあります。

今までは朝充電が100%の状態なら夜までは充電しなくても使えていたのが夕方頃には充電が無くなってしまうということもあります。

使用頻度が多くなっていたりすればバッテリー消費が早いのも分かりますが、今までと同じなのにバッテリーの減りが速いときにはバッテリー(電池)の寿命が来ているのかも知れません。

そこで今回は、スマホのバッテリーの劣化状態を確認する方法をお伝えします。

スポンサーリンク



バッテリーの減りが速い原因は2つ

スマホは日々の生活に欠かせないモノとなっています。

会社から携帯を支給されることもありますが、何か連絡があるときにはスマホに連絡することで、すぐに話しが出来たり、情報共有することができるので便利です。

また、音楽を聞いたり、動画を見たり、テレビ視聴したり、ネット検索したりとスマホ1台あれば時間潰しもできるし、1台何役にもなっています。

そのため、使う頻度が多くバッテリーの持ちも改善されていますが、バッテリーは何回も充電していると劣化していきますので、劣化すれば電池の減りも早くなります。

このことからも分かるようにバッテリーの減りが速い原因は主に2つ。

・スマホ使用時間が長いまたは様々なアプリを同時に開いている

・バッテリーの劣化によるもの

今回は、バッテリーの劣化状態を確認する方法をお伝えします。

スポンサードリンク



スマホのバッテリーの劣化状態を確認する方法

バッテリーは、充電と使用を繰り返すことで徐々に使用時間が短くなっていきます。

例えば、1日持っていた充電が3~4時間しか持たなくなったとかいうときには、バッテリーの寿命が近いのかも知れません。

バッテリーの寿命であれば交換する必要があるので、劣化状態を確認して早めに交換する必要があります。

設定ボタンをタップする

スマホの画面にある「設定」ボタンをタップします。

端末情報をタップする

設定画面が表示されたら、一番下まで画面をスクロールして「端末情報」をタップします。

機器の状態をタップする

端末情報画面が表示されたら「機器の状態」をタップします。

電池性能表示をタップする

機器の状態画面が表示されたら「電池性能表示」をタップします。

この画面ではIPアドレスやWi-Fi MACアドレスなどを確認することもできます。

バッテリーの充電能力を確認

電池性能が表示されたら、充電能力が良好かどうかを確認します。

画像では80%以上で良好になっていますので問題ありません。

表示は、

・~良好です(80%以上)
・~良好です(50%以上)
・~低下いしています(50%未満)

と表示されるようですので、低下している状態であればショップでバッテリー交換の相談をしたほうがいいかも知れませんね。

バッテリー交換費用はいくら?

私が使っているスマホ(Xperia)のバッテリーは80%でまだ交換時期ではありませんが、ドコモショップに電話して交換費用を聞いてみました。

機種によってバッテリー交換費用は値段が違うようですが、だいたい1万円程度で交換できるようです。

編集後記

スマホのバッテリーは、取り外しができるタイプと取り外しができないタイプがありますが、ほとんどのスマホはバッテリー内蔵型で取り外しが自分では出来ないようになっているものが多いのでショップに持っていってバッテリー交換をしてもらう必要があります。

何日も預けないといけないということはなく、交換だけなら数十分で終わるそうです。

バッテリーの状態が悪いまたは劣化しているのであれば、近いうちに交換することも考えたほうがいいかも知れませんね。

それか、新しい機種に変更するか・・・

スポンサーリンク

関連コンテンツ