エクセルに入力した数値が「##」が表示されるのを正しく表示したい

エクセルで表を作成していたら、セルに入力した数値が##で表示されるので入力した数値や日付が見えません。セルの表示が##になると印刷しても##で印刷されてしまうため正しい表示に直す必要があります。エクセルをはじめて使う初心者にはありがちな悩みですよね。

そこで今回は、エクセルに入力した数値や日付が「##」が表示されるのを正しく表示する方法についてお伝えします。

スポンサーリンク



なぜ##で表示されるのか?

セルに入力した数値や日付が「#####」で表示されてしまうのはなぜかというと、セルの幅よりも長い数値や日付が入力されているとセルの表示が「#」(シャープ)になります。

セルの表示を##から正しい表示にするための解決方法は、

・セル幅を広げる
・文字を縮小して表示する
・セルを結合する
・表示形式を変更する

がありますので、1つずつ設定手順を紹介します。

スポンサードリンク



「##」を正しく表示する4つの方法

セルに入力した数値や日付が「##」で表示されたのを正しい表示にするための直し方の手順をまとめました。

セルの幅を広げる

セルの幅を広げたい列番号の見出しの境界線にマウスポインターを合わせると、赤丸のような左右に矢印があるマークに変わります。左右矢印に変わったらダブルクリックすると、セルの幅が自動で適切な幅に変更してくれます。

または、左右矢印になったら左クリックしたままマウスを左右に動かすことでセル幅を任意の幅に広げたり、縮めたりすることができます。

文字を縮小して表示する

表示したいセル範囲を指定したら「ホーム」タブをクリックして「配置」グルーブの右下にある「配置の設定」タブをクリックします。

セルの書式設定画面が表示されますので、「配置」タブを選び、文字の制御欄にある「縮小して全体を表示する」にチェックを入れたら「OK」ボタンをクリックすると、セルの中の数値や日付の文字の大きさが小さくなり、セルの幅で表示できる文字の大きさに変更して表示してくれます。

セルを結合する

セルの結合は横方向または縦方向のセルと結合することで2つのセルを1つのセルにする機能です。B3とC3のセルを結合して表示させます。

セルを結合するB3とC3を範囲指定したら、「ホーム」タブをクリックして配置グルーブの「セルの結合して中央揃え」の「▼」をクリックして「セルの結合して中央揃え」をクリックすることでセルを結合して表示することができます。

表示形式を変更する

表示形式を変更してセル内に表示するときは、小数点以下の桁数を少なくしたり、日付を2017年5月25と入力したものを5月25日と短く表示することで##の表示を直すことができます。

セル範囲を指定したら、「ホーム」タブをクリックして数値グルーブの右下にある「表示形式」タブをクリックします。

【日付を短く表示する方法】

セルの書式設定画面が表示されますので、「表示形式」タブをクリックしたら、分類の「日付」を選び、種類から表示したいものを選んだら「OK」ボタンをクリックします。

すると、日付が選んが表示形式で表示されます。

例えば、入力した日付が2017/5/25と入力したら、通常は2017年5月25日と表示されますが「5月25日」と表示されるため短くなり、セル幅内であれば表示されます。

【小数点以下を調整する】

セルの書式設定画面が表示されますので、「表示形式」タブをクリックしたら、分類の「数値」「通過」「会計」「パーセンテージ」のいずれかを選び、小数点以下の桁数を調整したら「OK」ボタンをクリックします。

すると、小数点以下の桁数を少なく表示することでセル幅に表示することができます。

編集後記

セルの表示が####の表示になったときの対処法・解決法を4つ紹介しましたが、一番多い解決策は「セル幅を広げて変更する方法」だと思います。他のセルを結合したり、表示形式を変更することもあるので設定方法を紹介しました。

セルの結合や表示形式を変更してもセルの表示が##(シャープ)になってしまうときには、セル幅を広げて対応するといいです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ