一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

印刷範囲を表示してずれ・はみ出しを調整したい|エクセルの使い方

エクセル(Excel)で表を作成して印刷したら、ページが切れていたり、1枚に収まらずにズレていたりした経験がありませんか。印刷してから気が付くことがありますよね。印刷するときに、印刷範囲を確認して、印刷範囲からはみ出している部分、2ページ目に印刷される部分を確認して調整する方法があります。

そこで今回は、印刷範囲を表示してずれ・はみ出しを調整するページレイアウトビューの使い方を紹介します。

スポンサーリンク



印刷範囲を表示してズレ・はみ出しを調整する方法

印刷画面の印刷プレビュー画面でも印刷範囲を確認することができますが、ページレイアウトビューでは印刷イメージを確認しながら、セルの編集・修正やヘッダーやフッターに文字を入力したり、ページのずれを調整することができます。

印刷画面の印刷プレビューで調整することも可能ですが、プレビュー画面ではセルの編集やヘッダー・フッターのデータ入力は出来ません。

では、印刷範囲を表示してずれ・はみ出しを調整するための使い方です。

[ad#ad2]

ページレイアウトを選ぶ

「表示」タブをクリックして、ブックの表示グループにある「ページレイアウト」をクリックします。

ページレイアウトをクリックしたときの画像

ページレイアウトを選ぶと標準の画面とは違い、画面が印刷範囲に分割された表示になります。

横のはみ出し部分を調整する

「ページレイアウト」タブをクリックして、拡大縮小印刷グループにある「横」の「▼」をクリックして1ページをクリックします。

すると、表の印刷範囲が1ページに収まるように自動で調整してくれます。

表の横幅が1ページに収まる

はみ出していた横幅が1ページに収まりました。

縦幅も2ページ目以降があり、1ページに収めたいときには、縦も同じように「1ページ」を選びます。

ページレイアウトを解除する方法

ページレイアウトの画面を解除する方法は、「表示」タブをクリックして、ブックの表示グループにある「標準」ボタンをクリックすると解除されます。

編集後記

印刷プレビュー画面で印刷範囲を調整することもできますが、セルの編集やヘッダーとフッターのデータ入力ができるのがページレイアウト機能です。

ページレイアウトビューを利用することで、印刷イメージを確認しながら1ページをはみ出した部分を調整することができますのでとても便利です。