一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

エクセルで作成した請求書テンプレート・ひな形|無料ダウンロード

会社や個人事業主の方など請求書を発行する機会が多くあります。請求書を取引先や得意先に送る目的は、指定期日までに入金してもらうためです。入金を期限までに振り込んでもらうために請求書を作って送る必要があります。書き方のルールは決まっていませんが宛先・請求側会社名と捺印・発行日・請求番号・タイトル・商品名・数量・単価・合計額・振込先・支払期限・振込手数料・などを記載しておきます。

そこで今回は、エクセルで作成した請求書のテンプレート・ひな形・フォーマットを無料でダウンロードできるようにしましたので、使いたい書式があればお使い下さい。

スポンサーリンク



請求書テンプレート・ひな形

請求書に記入しないといけない項目が国税庁のHPに記載があります。

・書類作成者の氏名または名称
・取引年月日
・取引内容
・取引金額(税込み)
・書類の交付を受ける事業者の氏名または名称

最低限記入しておかないといけない項目で、実際の取引に使われる請求書では、この他にも記入しておいたほうが良い項目が幾つかあります。

今回、エクセル(Excel)で作成したフォーマットでは、請求先の宛名・発行日・請求番号(管理番号)・請求者の社名・住所・連絡先・捺印・商品名・数量・単価・商品別金額・合計金額・振込先・振込手数料・支払期限を明記しています。

請求書の書き方・作り方としては、取引先や得意先などのお客様に分かりやすい・伝わりやすい内容にするといいです。トラブルを起こさないためにも明確にしておいたほうが良いことは請求書に書いておきます。

[ad#ad2]

請求書テンプレート1

請求書の明細行を分かりやすいように、背景色にグレーを使っています。シンプルなデザインでも、モノクロで分かりやすくし、請求書に特徴を出し、どこからの請求書なのかが分かりやすいようにしています。テンプレートは縦型と横型があります

印刷は、コストが掛かるカラー印刷ではなく白黒印刷できるようにグレースケールにしています。

請求書テンプレート2

請求書の明細行をギリギリまで増やした書式にしました。宛先の会社名や担当者を記入することができますが、住所を書く欄を省いています。郵送するときに封筒に送り先住所などを書くのであれば十分に使えますが、封筒に窓があり、それに合わせて請求書に住所とかを記入しないといけないのであれば、他のひな形を使いましょう。

印刷は、コストが掛かるカラー印刷ではなく白黒印刷できるようにグレースケールにしています。

請求書テンプレート3

請求書の明細行をグレースケールにして分かりやすくしました。備考欄を多く取っていて、振込先情報を記入できるようにしました。また、他に必要な情報があれば記入することができます。

印刷は、コストが掛かるカラー印刷ではなく白黒印刷できるようにグレースケールにしています。

請求書テンプレート4

請求書の明細行の上に、支払期限・支払条件・納入予定日・納入場所を記載したフォーマットです。振込先情報は下段に書くようにしています。明細や金額がハッキリと分かるようなデザインとカラー配色にしています。

印刷は、コストが掛かるカラー印刷ではなく白黒印刷できるようにグレースケールにしています。

請求書テンプレート4

請求書の上部に件名・納入日・納入場所・運賃・支払期限・支払条件・その他を記入できるようにしました。また、請求内容が確認できるように社内での回覧捺印欄があります。不要であれば、担当者のみ残すようにするといいです。

印刷は、コストが掛かるカラー印刷ではなく白黒印刷できるようにグレースケールにしています。

編集後記

請求書をお客様に送るときには原本を送らないといけません。コピーは自社で請求書控えとして保管ようにすることはできますが、コピーを取引先に送りません。また、請求金額を間違えたり、商品名が違ったときには記入ミスとして訂正印を押して送るということはしません。正しい内容のものを作成して送ります。もし、先方に送ってしまっている場合には、連絡を入れてお詫びして、請求書を再発行します。発送するときには、お詫び状を添えて送ります。