一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

初心者でも出来た!FileZillaのダウンロードとインストールのやり方

フリーソフトのFTPのFileZilla(ファイルジラ)を使おうと思い、ダウンロードからインストールまでをしてみました。初めて使うソフトの使い勝手は分からないのでダウンロードするときはドキドキしますよね。パソコンにインストールしてから数年経って新しいパソコンを使用するときにはダウンロードやインストール方法を忘れてしまうのでやり方を残しておこうと思います。

そこで今回は、初心者でも分かるように画像を使ってFileZilla(ファイルジラ)のダウンロードとインストールのやり方について紹介します。

スポンサーリンク



FileZillaを選んだ理由

FTPソフトとは、自分のパソコンにあるファイルやデータを借りているサーバー(エックスサーバーやWPX・ロリポップなど)にファイル・データを転送するためのソフトです。ホームページを作成していると借りているサーバーにファイルをアップしたり、ダウンロードしたりする必要性が出てきます。そこでFTPのダウンロードやインストールをして使用します。

FileZilla(ファイルジラ)を選んだ理由は、

・常にバージョンアップをしている
・ツリー構造でファイルを探しやすい
・大容量のファイル転送に強い
・日本語に対応している

ということでしょうか。他にも様々なFTPソフトがありますが、日本語に対応しているし、管理画面が馴染みのあるツリー構造なのでいいかなぁと思います。

[ad#ad2]

FileZillaのダウンロード方法

FileZilla(ファイルジラ)を使うためには、まずファイルをダウンロードする必要があります。FileZilla(ファイルジラ)の「 ダウンロードファイル一覧 」にアクセスします。最新リリース情報が公開されていますので、「FileZilla_Client ◯.◯◯.◯」と書かれている最新のファイルをクリックします。

ダウンロードできるファイルが表示されますので、「FileZilla_◯.◯◯.◯_win32-setup.exe」または「FileZilla_◯.◯◯.◯_win64-setup.exe」をクリックしてファイルをダウンロードします。win32とwin64は自分のパソコンのビット数に合わせてダウンロードします。

自分のパソコンのビット数が分からないときには、

スタートボタン ⇒ コントロールパネル ⇒ システムとセキュリティ ⇒ システムを開くと画像の画面が表示されます。

システムの種類の欄に64ビットとか32ビットと書かれていますので、FileZilla(ファイルジラ)インストールするパソコンのビット数にあったファイルをダウンロードします。

FileZillaのインストール方法

ダウンロードした「FileZilla_◯.◯◯.◯_win32-setup.exe」または「FileZilla_◯.◯◯.◯_win64-setup.exe」をダブルクリックして開きます。

FileZilla(ファイルジラ)のライセンス画面が表示されます。英語なのでよく分かりませんが、「GNU GENERAL PUBLIC LICENSE(GNU ジェネラル パブリック ライセンス)」で、フリーソフトウェアライセンスに関する一般公衆利用許諾書というものみたいです。

使用するためにはライセンス内容に同意する必要がありますが、フリーソフトウェアライセンスに関する内容なので問題ないと思いますから「I Agree」をクリックします。

ユーザー権限の設定を行ないます。

Anyone who uses this computer(all users)・・・パソコンを使う全てのユーザーに権限を与える

Only for me(◯◯◯)・・・自分だけに権限を与える

どちらかを選んで「Next」をクリックします。

構成要素を選びます。選ぶ構成が英語になっていますので日本語に訳してみました。

FileZilla Client ⇒ インストールするソフトなので必ず必要です。

Icon sets ⇒ FileZilla(ファイルジラ)のアイコンデザインを変更することができるようにデザインをインストールします。

Language files ⇒ FileZilla(ファイルジラ)の管理画面を日本語表示にします。

Shell Extension ⇒ ドラッグ&ドロップでファイル操作ができます。

Desktop Icon ⇒ デスクトップにFileZilla(ファイルジラ)のショートカットアイコンを作成します。

全てにチェックを入れておくといいと思います。

必要な項目にチェックを入れたら「Next」をクリックします。

インストールする場所を選びます。

基本的にはデフォルトのままでいいと思いますが、インストール先を変更するときは「Brouse・・」ボタンを押して指定します。

インストール場所を指定したら「Next」をクリックします。

スタートメニューにFileZilla(ファイルジラ)を表示するかしないかと設定します。

表示したくないときには、「Do not create shortcuts(ショートカットを作成しない)」にチェックを入れます。

設定内容が良ければ「Install」をクリックします。

FileZilla(ファイルジラ)のセットアップの準備ができましたので「Finish」をクリックします。

FileZilla(ファイルジラ)の管理画面が表示されます。「FileZillaにようこそ」と表示されますので「OK」をクリックします。管理画面上部のファイルや編集などが日本語になっているので、読めなくて操作できないということはありませんね。

「OK」をクリックしたら、更新チェックという画面が表示され「新しいバージョンのFileZillaを利用できます」という画面が開きましたので、「新しいバージョンをインストール」をクリックします。自動インストールが始まり、インストールが終わると管理画面が開きます。

これで、FileZilla(ファイルジラ)のダウンロードとインストールは完了です。

編集後記

FileZilla(ファイルジラ)のダウンロードからインストールまでの時間は5分も掛かりません。設定も基本はデフォルトのままで問題ないと思います。インストールするときは英語のままなのでちょっと不安に思いましたが、インストールして使っていて特に何の問題もありません。

結構、頻繁に更新があるようなので常に最新のバージョンにしておいたほうが良さそうです。

FileZilla(ファイルジラ)のFTP設定方法については別で紹介したいと思います。