一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

outlook.comのユーザー名とパスワードを忘れたときすぐに確認する方法

久し振りにメールを確認してみようと思いOutlook(アウトルック)を開いてみたら受信することができなくなっていましたときは、Microsoft(マイクロソフト)アカウントからユーザー名とパスワードを思い付くもの入れてもログインできないときにはメールアドレスを入力してユーザー名を再送してもらったり、パスワードはリセットして再設定しないといけませんが、その前に確認することができる方法があります。

そこで今回は、outlook.comのユーザー名とパスワードを忘れたときすぐに確認する方法をお伝えします。

スポンサーリンク



Outlook.comのユーザー名とパスワードを確認する方法

Outlookだけではなく、他のスカイプやツイッター・Lineなど様々なものにユーザー名とパスワードを入力してログインします。いつもは自動ログインを使っているため、ユーザー名やパスワードは気にしませんが、ある日突然、ユーザー名とパスワードを求められることがあります。そのときに、ユーザー名もパスワードも忘れてしまった、思い付くものを入力してもログインできないと焦ってしまいます。

[ad#ad2]

WEB資格情報で確認してみる

コントロールパネルから「ユーザーアカウントとファミリーセーフティ」を選びます。

「資格情報マネージャー」をクリックします。

「WEB資格情報」をクリックします。

するとWEBパスワード欄の中から「MicrosoftAccount」があったら、右側になる下矢印をクリックします。

ユーザー名とパスワードが表示されています。ユーザー名は表示されていますが、パスワードは「●●●●●●●」と表示されていますので、横にある「表示」をクリックするとパスワードを確認することができます。

「表示」をクリックしたときに、Windowsセキュリティで保存されたパスワードを表示するには、資格情報を確認してくださいと聞かれたときは「キャンセル」をクリックして、マイクロソフトアカウントのパスワードのリセットと再設定を行ないましょう。

マイクロソフトアカウントのパスワードのリセットと再設定方法

どうしても、Microsoftアカウントが分からなくてOutlookにログインできず、メールをみることができないときには、パスワードのリセットと再設定を行ないます。その手順についてまとめました。

【パスワードのリセット方法】

1.「サインインできない理由」にアクセスします。

2.サインイン できない理由を選んで「次へ」をクリックします。

3.使っているマイクロソフトアカウントのメールアドレスを入力します。

4.表示されている文字を入力し「次へ」をクリックします。

5.メールが送られてきたら本人確認を行ない、セキュリティコードを受け取り、パスワード を再設定します。

編集後記

Outlookにログインできなくなってしまったとき、解決するための方法を紹介しました。ユーザー名やアカウント名・パスワードはしっかりと管理しておかないと、いざというときに困ってしまうのは自分です。だからと言って、すべてを同じ文字列にするとセキュリティ的にも不安になります。

増えていくユーザー名やパスワードの管理については「増え過ぎたパスワードの管理はどうしていますか?」で紹介していますので、参考になると思います。