一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。

パソコンのアプリケーションがエラーで突然終了!原因はイベントログで確認する

パソコン(PC)を使っていたら、突然に起動中のアプリケーションのエラー表示が出てきて終了してしまいました。私の場合はWindows オーディオデバイスにエラーが発生して終了してしまうという現象がおきます。他にもLineなどのアプリケーションが終了してしまうことがあるので、エラーが発生する原因を確認して改善したいと思います。

そこで今回は、Windowsパソコンのアプリケーションが突然エラー表示が出て終了してしまうときの原因の確認方法をお伝えします。原因を確認するのはイベントビューアのイベントログで確認します。

スポンサーリンク



イベントログとは

イベントログとは、Windowsパソコンのシステム内で起動しているプログラムやアプリケーションに発生している現象や動作記録を残しているものです。全ての記録を残している訳ではありませんが、情報や問題・エラーなどのトラブルなどは記録されるようになっています。

Windowsログ・アプリケーションとサービスログ・ハードウェアイベントなどの種類に別れていて、問題のレベルは情報・警告・エラーと分類表示されています。

問題が発生しているアプリケーションなどを確認するとエラーなどの表示があるので、問題の解決のヒントに使います。

[ad#ad2]

Windowsパソコンのイベントログの確認方法

コントロールパネルを開く

左下にある「スタートメニュー」の上で右クリックして、スタートメニューを表示し、「コントロールパネル」をクリックします。

他にも、コントロールパネルを開く方法がありますので、知りたい方は「 【簡単】コントロールパネルの開き方 」を御覧下さい。

システムとセキュリティを開く

コントロールパネルを開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックします。

管理ツールを開く

システムとセキュリティを開いたら、「管理ツール」をクリックします。

イベントビューアーを開く

管理ツールを開いたら、「イベントビューアー」をダブルクリックして開きます。

アプリケーションを開く

イベントビューアーを開いたら、「アプリケーションとサービスログ」をクリックします。

エラーログを確認する

Windowsフォルダをクリックして、強制終了・エラー表示が出たアプリケーションのフォルダを開きます。

今回は、オーディオ(Audio)だから、Audioファイルをクリックして、中にあるファイルをクリックします。

その1つにエラーが表示されていましたので、エラーをクリックすると、下に情報が表示されますので、処理終了コードから原因を究明してしていくことができます。

編集後記

パソコンを使っていると、起動中のアプリケーションが強制終了することがあったり、エラー表示が出たときに確認することで問題を解決することができます。でも、原因が分からないこともありますので、そのときは、一度、パソコンを再起動してみるのも方法です。

何度も、使っているアプリケーションが強制終了・エラー表示が出るようなら、再インストールしたりするといいです。

イベントビューアーにあるイベントログは、トラブル発生時に確認すると自分でも問題を解決することができるときもありますし、ヒントになることもあります。