一緒に読んで頂いている記事

スタディサプリというシステムを使って実際に子供の成績がアップした!?
 
小学4年生~中学3年生までを対象にしたWEB学習サービスの「スタディサプリ」を使って実際に成績が上がった人のブログです。使って良かった点と悪かった点も書かれているのでとても参考になります。
 
高速道路・一般道渋滞情報無料アプリ
 
機能充実カーナビ無料アプリ
 
無料立ち読みしちゃう!?
 
暇つぶしにアニメを見る!

ハードディスクを最適化(デフラグ)して読み書きを高速化する

571-6

ハードディスクは、新品のうちは連続した領域にデータを書き込むことができるようですが、書き換えを繰り返しているうちに「連続した広い領域」が確保することができなくなってきます。

そうすると、狭い領域に分散して書き込まれるため、読み書きが遅くなる原因になります。

そこで今回は、ハードディスクの最適化を行なうツール「デフラグ」を使って高速化してみたいと思います。

スポンサーリンク


ハードディスクを最適化して動作を速くする

ハードディスクにデータを書き込む際に、分散して書き込まなければならないため、読み書きが遅くなるようです。分散してしまうことを「断片化」(フラグメンテーション)といいます。

イメージとしては、本棚を思い浮かべて下さい。空の本棚なら、長編の小説やコミックは1巻から順番に収納することができますが、埋まってきたら不要な本を取り除いて空きを作り、その空いたスペースに収納したい本を入れていきます。

そうなると、同じ本でもあちこちに収納されてしまいますよね。これを断片化といいます。

「それ、整理すればいいじゃん」と思いますよね。その通りです。でも、コンピューターはそれを指示してあげないと整理できないのです。

そこで、ハードディスクの最適化を行なうツールである「デフラグ」を使って断片化を解消して、データをまとめることで読み書きする速度を上げることができ、高速化できるのです。

ハードディスク(HD)の断片化を解消するメリット

  • 断片化を解消することでハードディスクを高速化できる
    断片化していると、あちこち探さないといけませんが、デフラグして断片化を解消し、本来のデータのまとまりにすることで、あちこち探す必要が無くなるため、動作が速くなります。
  • 断片化を解消するとハードディスクの寿命が延びる
    ハードディスクは読み書きする度に消耗していきます。そのため、余計な動きが多ければそれだけ、消耗が速くなり、ハードディスクの故障が速くなるのです。

定期的にハードディスクを最適化する

1.ドライブのプロパティを表示する

571-1

「フォルダ」ボタンの上で右クリックしてメニューを表示し、「エクスプローラー」をクリックします。

571-2

エクスプローラーの画面が表示されたら、「PC」の中にある適当なドライブを右クリックしてメニューを表示し、「プロパティ」をクリックします。

2.デフラグ画面を開く

571-3

「プロパティ」の画面が表示されたら、「ツール」タブを選び、「ドライブの最適化とデフラグ」の「最適化」をクリックします。

スポンサーリンク

3.分析と最適化をする

571-4

最適化したいドライブをクリックして選び、「分析」をクリックするとしばらくして「現状の状態」に分析結果が表示されます。

「OK」が表示されればデフラグの必要はありませんが、カッコ内に断片化部分の割合が表示されたら、「最適化」をクリックして最適化を開始します。

4.最適化の頻度を設定する

3の画面で「設定を変更」をクリックします。

571-5

「最適化のスケジュール」の画面が表示されますので、「スケジュールに従って実行する」にチェックを入れると自動的に定期実行されるようになります。

「頻度」で毎日、毎週、毎月の頻度を選択して「OK」をクリックすれば設定完了です。

編集後記

SSDの場合は、断片化で速度が低下することがありません。

Windows8/8.1のデフラグは、SSDが装着されている場合には断片化の解消が目的ではなく、書き込みを高速化するための「トリム」を行なってくれるので、SSDでもデフラグは無効化しないで定期的に行なうといいです。

※トリムとは、余計な部分を削除してくれること

ハードディスクの最適化をする効果
  • ハードディスクの読み書きが速くなる
  • SSDも高速に書き込めるようになる

パソコンの起動が遅いなら、一度「 起動時間を調べてみる 」のはどうでしょう。どれだけ起動するのに時間が掛かり、高速化したことで、どれだけ速くなったのか知ることができますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す