エクセル初心者の複合グラフの作り方|軸ラベルの表示・単位の追加など

エクセルで種類の違うグラフを1つのグラフにまとめて表示することができます。複合グラフとは、縦棒グラフと折れ線グラフと異なったグラフをグラフ化することです。数値の単位や大きさが違うグラフを1つの表にすることで数値だけの表よりも分かりやすく、視界に訴える提案書や企画書・プレゼン資料を作ることができます。

そこで今回は、エクセル初心者でも作れる複合グラフの作り方を画像を使って紹介します。

スポンサーリンク



エクセルで複合グラフを作る

複合グラフというと難しいというイメージがありますが、グラフの元になるデータを作成することで2ステップで作れてしまいます。

会社の中でよく使う売上高と取引先数を使って複合グラフを作成したいと思います。

売上高と取引先数の表を選択します。画像の場合はセルA1~C7までを範囲選択したら、「挿入」タブをクリックして、「複合グラフの挿入」ボタンをクリックします。

グラフの挿入画面が表示されますので、「組み合わせ」を選び、グラフの種類の「▼」をクリックしてグラフの種類を選びます。売上高欄のグラフの種類は「集合縦棒」、取引先数欄のグラフは「折れ線」を選択します。

第2軸に表示するデータ系列を選択します。今回は取引先数を第2軸にするのでチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

すると、複合グラフがワークシートに表示されます。グラフに左側の目盛りが第1軸で、右側の目盛りが第2軸です。

グラフタイトル・位置・サイズ変更・グラフの配色・データラベル・凡例の位置変更については「基本グラフの作り方」を参照下さい。作り方や使い方は同じですので。

スポンサードリンク



2本の縦軸にラベルを追加する

グラフを選択してから「デザイン」タブをクリックして「グラフ要素を追加」ボタンをクリックします。メニューが表示されますので「軸ラベル」をクリックして「第1縦軸」をクリックします。同じ手順で「第2縦軸」も選び設定します。

軸ラベルが横向き表示になっているのを縦向き表示に直す方法は「縦軸ラベルを追加する」をご覧下さい。手順としては、グラフの軸ラベル→ホームタブ→方向ボタン→縦書きをクリックして修正できます。

グラフに単位の表示を追加する

左側の第1軸の目盛りに単位を表示させたほうがいくらなのか分かりやすいですよね。

グラフの目盛りの上で右クリックしてメニューを表示させて「軸の書式設定」をクリックします。

軸の書式設定画面が表示されますので、「軸のオプション」ボタンをクリックしてから「軸のオプション」を選び、表示単位欄の「▼」を押して単位の「千」を選びます。

単位が表示されますので、文字の向きを変えて、表示する位置を変更します。

その方法について分からない方は「基本グラフの作り方」を参照下さい。

グラフに任意の単位を表示する

取引先数の単位は「件」と表示をしたいのですが、上記の単位の追加方法の中には「件」がないので自分で作成して表示させます。

グラフをクリックしてから「書式」タブをクリックして「テキストボックス」ボタンをクリックします。

グラフの第2軸の目盛りの数値の上でクリックするとテキストボックスの枠が表示されますので、表示したい単位の文字「件」を入力します。枠のサイズ・大きさを調整して、表示する位置を変更します。

編集後記

エクセルで複合グラフを作るのは2ステップと簡単に作れてしまいます。ただ、その後の魅せるグラフにするため手順があります。グラフを完成させるための手順が面倒だったりとか分からないからエクセル初心者は難しいと思ってしまいますが、作ってみれば短時間で作ることができてしまいます。

グラフの種類も縦棒グラフではなく、積み上げグラフに変更することもできますし、目盛りの幅も変更することができます。

複合グラフの作り方が分からない方の少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ